LEAP DAY セッション紹介vol.5 『公務員×情熱〜たった1人の公務員が地域を変える事もある〜』

こんにちは、広報チームの山﨑です!

今日も、LEAP DAYで行われるセッションの紹介をしていきますよ〜

 

今回紹介するのは、12/8(土)B会場にて 16:30よりスタートの

『公務員×情熱』をテーマにしたセッションです。

 

スタートアップのピッチ、学生のサービスプレゼンや、世界で活躍する起業家・投資家のトークセッションなどが盛り沢山のLEAP DAYですが、今回こちらのトークセッションに登壇していただくのは、宮崎県と埼玉県の役場に勤めながら、地域を盛り上げる公務員のお二人です。

こちらのスーパー公務員のお二人は、日本全国の地方自治体に “今までなかった役場のあり方” や、“役場だからこそできること”を発信しています。

役場だからこそできること・・・?気になりますねっ!

従来の公務員のイメージを大きく壊している2名のご紹介!

そしてモデレーターには、未来予測と未来潮流から新たなイノベーションを生み出すという未来企業のあり方を提案しながら、自身も全国の地自体や企業とコラボレーションしているスペシャルなゲストをお招きしています!

それでは3名をご紹介!

岡本 啓二 / Keiji Okamoto

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 執行理事

少子高齢化、財政難、全国的に進む地方の課題を背景に、スピード町経営を実践するため、2017年4月に地域商社の設立を提言した。一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(略称:こゆ財団)は、地域の資源を活かした特産品を販売する地域商社で、その利益を農家や起業家の育成などに投資するなど、新事業や教育に再投資される循環をつくっている。2018年4月には、フォーブズ2018年6月号の中で「地域経済圏」の救世主」の一人として紹介された。

 

田端 将伸 / Masanobu Tabata

横瀬町役場 副主幹

埼玉県秩父郡横瀬町に新しい風を吹かせたい!という想いから、町内外の企業や個人からプロジェクトを募集し、町全体で協力する官民連携のプロジェクト『よこらぼ』 の中心人物。人口が減っていく中で「何かしたい、変えていきたい」という熱がありがならも、「やり方がわからない」と感じていた。失敗を恐れずに町を大きく変える動きをしなければいけない。一過性で終わらない、横瀬町のファンを作る。そんな熱い思いで町全体を巻き込み、横瀬町を盛り上げている。

 

モデレーター

西村 勇哉 / Yuya Nishimura

NPO法人ミラツク 代表理事

2011年にNPO法人ミラツクを設立。イノベーションプラットフォームの構築と、未来学を基盤とした未来構想の設計、未来戦略の策定、未来潮流の探索と、未来起点による大手企業の新規事業開発の支援に取り組む。

 

現在地域全体を巻き込みながら地域創世に尽力している公務員2名と、社会課題解決に尽力する西村勇哉さんによる、情熱溢れるトークセッションをお届けします。

誰かが動けば、周りがついてくる!

そんな光景が、埼玉県横瀬町役場と宮崎県新富町役場にはあります。あなたの町の役場はどうですか?

公務員だからこそできる・民間企業だからこそできる、地域創世がある!続きはLEAP DAYにて☆

こちらのセッションは12/8(土)B会場 16:30 スタート!

席数は150席限定です!

気になる方はお早めにチケットをゲットしちゃって下さい( ・∇・)

只今、アーリーチケット販売中です!!

チケット購入はこちら!

下記のリンク、イベントレジストからご購入いただけます!

▶︎チケット購入ページ

▶︎イベントレジストでのチケット購入方法

アーリーチケット料金(販売期間:10/1〜11/30 23:59)

一 般 : 2 days 6,000円 1 day 3,000円 通常よりも25%お得♪

大学生 : 2 days 4,000円 1 day 2,000円 通常よりも33%お得♪

中高生 : 2 days 2,000円 1 day 1,000円 通常よりも50%お得♪

小学生以下 : 無料

 

※チケット購入の際、A会場・B会場のそれぞれのコンテンツの中からお好きなセッションを選択できます。一度選択したセッションはチケット購入後に変更する事も可能です。

それではまた次のblogで!☆

★☆LEAP DAY 2018年12月8日(土)・9日(日)2Days!沖縄で開催!☆★

2018-11-11T11:09:46+00:002018/11/02|